ゆとり世代は初体験が早い

男の遊びは、池袋で決まり!

都心の風俗店を違慮する、純情掘り出しモノがそろっているとの噂を耳にし、やって来たのは、東京・池袋の添い寝DEトーク

相手をしてくれた、さくらちゃんは、噂どおりの掘り出しモノだった。

見た目は女優のミムラ似の美人さんだが、おしゃべりが超天然系。

おしゃべりもサービスのうちというが、おっとり、穏やか、究極の癒やし系な人柄は、ついプレイをも忘れさせる。

「アタシ、今、燃えているんです」

色白スリムでキレイ系の顔だちをしたさくらちゃんは、挨拶を交わすなり、いきなりこうきた。

股間が燃えているのならウェルカムである!

そう思ったら、短大を卒業したあと、アニメの声優を目指して燃えているのだそうだ。

誰にでもオープンハートな彼女は、早くもおしゃべりが止まらない。

「平成3年生まれって、 ゆとり世代。ゆとり世代って、することがないから、みんなエッチが早いの」

「いくつだった?」

「13」
「‥中1?」
「はい、中学生になったから、もうしてもいいかなって。いっこ上の先輩にリードしてもらって、 公園でしちゃった

中学生になったら、してもぃいって、根拠は何なのか?

だいたいにして、いっこ上の先輩の中2の男がリードするって何だよ。

ゆとり教育ってログなもんじゃない。

ちなみに、今は彼氏いない歴1年。

その間、エッチをしてないのかと聞けば、それとこれとは別らしい。

最後にしたのは先月。

居酒屋でナンパされ、カラオケに行って、休もうと言いくるめられ、、朝起きたら「あなた誰でしたっけ?」という、いっものパターン。

「ただ眠るだけの予定だったど、かなり酔ってるのに、ビンビンに立ってるから、エライなと思って。ゴム付けてくれるし、これも経験かなって」

ゆとり教育って、悪くないじゃないか。

店がお休みの日は、新宿の居酒屋で1 人で飲んでいるというから、興味のある方は、ぜひ、探し当ててください。

Tバックの下は愛液がトロリ

選んだのは「池袋の添い寝コース

シャワーを浴び終えたら、メイド姿になったさくらちゃんが目隠ししてオナニーの真っ最中。

ローターを敏感な部分にあてがい、アエギ声を漏らしている。

しばらくこれを観察。

するとよつんばいになり、お尻を高く上げ、声をどんどん大きくする。

「ああ、気持ちいいー」たまらずTバックをはぎ取り、感じているアソコを観察。

指で開くと、うっすらと愛液がにじんでいて、艶やかなピンクの肉粒がフックラと顔をのぞかせる。

指で転がしたら、愛らしい声を漏らしながら不意に口を開いた。

「アタシね、オシッコ出るところをずっと勘違いしていて、ここから出てると思ってた」
「クリトリスから?」
「うん。その下に穴があるって、3ヵ月前に初めて知ったの」

13歳で初体験を済ませ、如歳までオシッコはクリトリスから出るものだと思い込んでいた!

だって、見たことなかったんだもん。放尿オプションが付いた時、鏡で見せられてビックリしちやった」
「お客さんもビックリしたでしょう」
「何か感動してた。今時こんなコはいないって」
「いないよね」
「アタシも感動して、思わずお母さんに話したら『あらあら』って笑ってた」

普通、どこかで気がっくだろうが。

それを笑って受け止められるお母さんもステキだとほめ、チューチュー吸っていたら、感じながらも、また口を開く。

「それでね、この間まで友達と同居してたんだけど、そのコも性をオープンにしているコなので、朝出かける時『行つてきマ〇コ』って言うの。アタシもそれが癖になって」
「嫌な予感がする」
「実家に戻って、 お母さんと出かける時、お父さんに、つい『行つてきマ〇コ』って、言つちやった」
「それで、お母さんに『外では言うんじゃないわよ』って注意されちゃった」

家の中だけにしておきなさいということか。

お母さん、ステキすぎる。

メイド服を脱がすと、さすが20歳、オッパイが初々しい

思わずピンク色の乳首にむしゃぶりつき、すっかり潤んだアソコに中指を滑り込ます。

入り口は狭いが天井部分、Gスポットのあるあたりが大きく膨らんでいる。

「ん?これは‥潮を吹きやすいでしょう?」
「わかります?アタシ、エッチでイケないのに、潮だけは簡単に吹いちやうんです」

天井に逆台形のような膨らみがあって、ここを指先で軽く叩かれると、ついビュツと出てしまう。

潮吹きに関心のある方、わかりやすくて、これ以上ない逸材なので、ぜひご指名を。

「足の指を識めるのが好き」

マングリ返しにして中を見せてもらう。

「アタシも見たい」と言うので、写真を撮って2人で拝見。

「これがビラビラですよね、よく均等つて言われる。でもこれって、もっとキレイにならないかな?みんなこんな感じ?」
「だいたい」
「この小さな穴、ここからオシッコ出るのよね。知つてた?」
「はい」
「ここがオチ〇チン入れる穴だよね。何かだらしなく緩んだ、お口みた」
「そうだね」
「ふーん、案外、自分のことって知らないんですよね。ありがとうございます」

いつの間にか残り時間が20分。

あおむけになると乳首舐めから全身リップヘ。

タマタマから付け根、先端へと舌をはわせてくる。

「アタシ、足の指、舐めるのが好きなの。ちょっとだけ祇めていい?」
「ちょっとと言わず、たっぷりどうぞ」

すると、足の指を1本1 本しゃぶったり、まとめて口に含んだり。

まるでアソコの中に入れているような快感を送り込んでくる。

「アタシ、Mなところがあって、男の足を見ると、ベロンベロンに舐め回したくなるんです‥では、お礼に、お尻舐めまーす」

巧みなアナル舐めを披露。

さくらちゃんが舐めながら言う。

彼女が生まれたのは、街に槇原敬之の「どんなときも。」が流れていた時だったと。

ならば、どんな時も、僕が僕らしくあるために「好きなものは好き」と言うはずである。

「お尻の穴、好きですか?」
「大好きです」

期待どおりの言葉が返ってきた。さくらちゃんは、すっかりみなぎったモノの先つぼをぺ口ペ口と舐め回してから、深くほおばったり、ねっとりと吸いたてる。

そして最後は騎乗位を経ての正常位素股。

柔らかく握った手のひらに激しく腰を撃ち入れると、ローションの滑らかさ、裏筋がアソコのお肉をこすりたてる快感で、心地よくフイニツシュさせていただいた。

「ちゃんと立つんですね」
「ん?どうして?」
「アソコって、見慣れちゃうと立たないじゃないですか?産婦人科の先生なんか、見せても立たないし」

「それとこれとは別というか…たぶん、立つたら廃業すると思いますよ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

しずく 19才
T158 B83 (C)W58 H84
童顔ロリカワ系小柄でとってもキュートな美容師アシスタントさん♪ お会いした瞬間に思わず『ギュッ』と抱…
みお 20才
T167 B84 (D)W57 H82
長身モデル体型なDカップウブカワMッ気気質の現役エステティシャン♪ パッチリと綺麗で大きなな瞳に清潔…
りつ 18才
T150 B82 (B)W55 H81
黒髪ロングヘアーが良く似合う清楚系現役専門学生さん♪ 黒髪サラサラロングヘアーが清楚・清潔感をより感…
ゆうみ 18才
T159 B84 (C)W57 H83
ピチピチ18歳!綺麗な黒髪に色白美肌で清楚な雰囲気溢れるお嬢様系ウブカワ現役女子大生♪ すらりと伸び…
ページ上部へ戻る